銀行カードローンのメリット・デメリット│安心&使いやすいのが特徴

キャッシングをためらう方も

銀行カードローンの安心感の高さは、キャッシングをためらってしまう方にとってもおすすめできる点でしょう。お金を借りることが苦手と感じる方も多いですね。あえて借りないように意識している方もいらっしゃるでしょう。そんな方たちにとって、銀行で借りるというのは申し込みやすいと感じるはずです。

 

銀行のローンは、ビジネスのためのもの、個人での融資なら住宅ローンやマイカーローンなどが中心と思われています。しかし、現在銀行は個人への融資でも、カードローンに力を入れるようになってきているのです。これは、貸金業法が改正されたことによって、キャッシングを利用できなくなってしまった方のためという面もあります。消費者金融で申し込みができなくなった専業主婦の方も、銀行カードローンなら利用できるものが見つかるでしょう。

 

銀行でお金を借りるという安心感は、カードローンでももちろん共通しているものですね。キャッシングやカードローンでは、お金を借りるという発想よりも、少し足りないときに補うという感覚が近いでしょう。もちろん銀行カードローンではそういった使い方もしやすいものです。しかし、それだけでなく銀行ならではの限度額が大きなものも見つかるため、まとまったお金が必要な時にも、カードローンを利用することもピッタリなのです。

 

もしもの時のための準備がいつもできているという安心感も、カードローンにはありますね。キャッシングはしないことにしていた、という方にとっても利用しやすい代表といえるでしょう。

 

銀行だからこそ選べる!

銀行カードローンには、銀行だからこその使いやすさがあります。銀行カードローンでは、消費者金融のカードローンに比べて、それぞれの商品の特徴の違いが大きいと言えるでしょう。審査時間や、限度額、金利、また借入や返済の方法など、各銀行カードローンによって違いがあるのです。また、一つの銀行が複数のカードローンを取り扱っていることも多く、申し込み条件を満たしていればその中から使いやすそうなものを選べます。

 

銀行カードローンでは、違いを見極めるのが難しいというよりも、自分が使いやすいローンを選べるようになっていると考えられます。たとえば、口座と関連させて支払いがある時に残高が不足していれば、自動融資が受けられるようなカードローンもあります。あるいは残高不足の時に、サッと自分の銀行口座に振り込みを受けることによってキャッシングできてしまうカードローンもあります。

 

銀行ローンというと、金利は低いけれど審査は厳しいというイメージが強いものです。同時に利用もしにくそう、使い方も難しそうと考えてしまいますが、カードローンに関しては気にする必要がありません。口座がなくても申し込みできる、ネットのみで支店などに一切行かなくても利用できる、提出書類も少ないといったように、使いやすい特長を持ったカードローンもどんどん登場しているのです。

 

ただし、使いやすいと感じるカードローンには個人差があるものです。そのため、自分が一番使いやすそうなカードを、しっかりと比較やシミュレーションをして選ばないといけません。

 

初めて借りる方も安心!

銀行カードローンは、初めて借りる方にももちろん安心です。キャッシングなどをする時に、「違法な業者に申し込んでしまったらどうしよう。」という心配は必ず誰もがしてしまうものでしょう。そんな時に、銀行への申し込みなら安心感が高いですね。

 

銀行が取り扱うカードローンでは、多くの商品が原則として保証人や担保が必要ありません。担保や保証人を準備するかわりに、保証会社の保証を受けることになります。保証会社の保証が受けられないと、ローンを利用できないのです。保証会社は、信販会社やクレジット会社などであることが多いでしょう。銀行と同グループに属する消費者金融が保証会社を務めていることもあります。

 

いずれにしても、保証会社が金融会社であっても銀行からの借入となりますので、申し込みやすいと感じるはずです。最近では消費者金融もレディースキャッシングなど女性のための金融商品も増えていますが、やはり初めての方は申し込みにくいと感じるものです。その点銀行なら、申し込みやすく安心でしょう。

 

また、保証会社に関わらず銀行が取り扱うローンですから、貸金業法の規制を受けません。そのため本人収入がない専業主婦の方も、申し込める銀行カードローンを見つけられます。

 

これまでまったくローンを使ったことがない方にとっても、申し込みしやすいのが銀行カードローンです。借り方や返済方法がたくさんある銀行カードローンも増えており、使いやすさも十分です。もちろん金利などのスペックも併せて最適カードローンを見つけましょう。

 

お金の計画に役立てたい

銀行カードローンはぜひお金の計画に役立てましょう。カードローンはお金を借りるというよりも、マネープランをスムーズに進めるのにピッタリです。

 

銀行カードローンは最初に限度額を決めておき、その範囲内なら何度でも借入ができるのが大きな特長です。限度額いっぱいまで借りてしまっても、返済することで余裕ができれば、再度借りることも可能です。

 

この繰り返し使えるという点を活かして、お金の計画に役立ててみましょう。お給料日前のピンチの時にカードローンでキャッシングします。お給料日前のピンチは何度も訪れる可能性がありますね。その都度ローンを申し込むのではなく、いつでも借りられる状態にしておくことで安心感も持てるでしょう。さらに利息を自分でコントロールしやすいのです。いつでも返済を受け付けている銀行カードローンが多いため、お給料が入り次第すぐに返済してしまえば、利息を抑えることもできます。

 

もちろんお給料日前の足りないときだけでなく、まとまった利用にも銀行カードローンは向いています。すぐに借りられるものが多いのですが、限度額は大きなものもたくさん見つかるでしょう。目的のあるローンの代わりに銀行カードローンを利用するというのもおすすめの方法なのです。

 

このように銀行カードローンなら使い方を自分で決めて、目的に応じてカードローン一枚で対応できます。もちろん目的を証明する書類なども必要ないので、手間もかかりません。